株式会社ジャストライト/福岡/レンタカー情報/トラック/運転免許

254月 - による ジャストライト - 0 - トラック レンタカー 免許

株式会社ジャストライトの情報まとめ、レンタカーについて

GWも近づき、皆さんウキウキしているのではないでしょうか?
皆さんは、ご旅行の予定はもうたてられましたか?、公共交通機関で来られる方や、ちょっと近くまで、行きたいという方には、「レンタカー」がおすすめです。株式会社ジャストライトでは、レンタカー業務を行なっているので、是非参考にしてくださいね!
今回は、レンタカーについての情報として、レンタカーで「トラック」を借りる場合の、運転免許情報をお届けします。

レンタカーでトラックを借りる際のメリットについて

トラックを借りる機会が皆さんにもあるのではないでしょうか?
レンタカーでトラックを借りるメリットとして、企業さんに目を向けてみると、毎日のようにトラックを使う企業さんなら、トラックの購入がお勧めですが、少しだけ運送用などに使いたいという企業さんにとっては、レンタカーの方がお安く済ませる事ができます。
また、皆さんが、引っ越し用にトラックを借りたいという場合にも、費用を安く抑えることができますよね。また、時間を気にせずに引っ越しをすることもできます。しかしながら、トラックを運転するとなると、必要となって来る免許があります!その疑問を今回は、解決したいとお思います。

レンタカーでトラックを借りる際に必要な運転免許の情報について

まず、皆さんもご存知の通り、軽トラックは、普通免許で運転可能です。少しだけの荷物を運ぶ場合におすすめです。

また、2007年以前に車の普通免許を取った方は、車体重量8tまでの中型車を運転できるらしいです。
他には、中型免許を持っていれば、運転できるトラックがありますが、一般的にはやはり、普通免許が主流となっていますので、軽トラックが使いやすいですよね。しかしながら、荷物の多い引っ越しなどには中型トラックの車体重量が重い車を運転しなければならないかもれないので、一応書いておきます。中型免許で運転できるのは、、、

車体重量5~11t、積載量3~6.5tが中型トラックになります。試験を受ける条件は、普通免許または大型特殊免許を取得してから2年以上の経験、となっています。

大型免許で運転できるのは、

車体重量11t以上、積載量が6.5t以上が大型トラックです。普通免許、中型免許、大型特殊免許を取得してから3年以上の経験がある方が、試験を受けることができます。大型特殊免許というのは、フォークリフトやクレーン車などを運転するために必要な免許のことで、18才から取得することができます。

といことが参考にしたサイトに書かれていました。
2007年以前に車の普通免許を取った方は普通免許で、8トンまでの中型トラックの運転ができるということが分かったので、最近(2007年以降)免許を取った方は、中型免許や大型免許を取る必要があります。

株式会社ジャストライトがお届けした今回の情報を参考に引っ越しや、企業さんの業務に役立ててください!

レンタカーでトラックを借りる際の必要免許情報はこちら

株式会社ジャストライト公式サイト参考はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です