株式会社ジャストライト/福岡/レンタカーで行きたい/オススメ/ドライブスポット/門司港レトロ周辺/パート2

192月 - による ジャストライト - 0 - ドライブスポット

株式会社ジャストライトの情報まとめ、福岡の情報や車の情報について

レンタカー情報を発信していきたいと思います。今回は、レンタカーで行きたいおすすめレジャースポットについてお知らせしていきます。今回は、口コミからの情報を主流にまとめて行きます。前回までの口コミ情報は、参考はこちらを参考にして下さい。

~門司港レトロ~

(もじこうレトロ)は、福岡県北九州市門司区にある観光スポット。JR門司港駅周辺地域に残る外国貿易で栄えた時代の建造物を中心に、ホテル・商業施設などを大正レトロ調に整備した観光スポットで、国土交通省の都市景観100選を受賞している。対岸の下関市唐戸や巌流島等との周遊ルートとして多くの観光客で賑わう。

ウィキペディア参考はこちら

❈門司港レトロ周辺のおすすめ施設ご紹介

☑出光美術館 (門司)は出光佐三とゆかりの深い門司港レトロ地区の一角に出光コレクションを展示する美術館です。

出光美術館 (門司)公式サイトはこちら

口コミからの情報です。

☀改築されたそうでモダンな建物になっていました。企画展も面白かったけれども、1階にある出光創業資料室で出光興産の創業者出光佐三の生涯の軌跡が紹介されていました。非常に興味深く感銘を受けました。この門司が出光興産創業の地なのですね。

☀平成筑豊鉄道の潮風号の駅名にもなっています。レトロな感じですが、絵画や陶器など多数の展示物があり、目を楽しませてくれました。

出光美術館 (門司)参考や口コミ参考はこちら

☑門司電気通信レトロ館は、明治・大正・昭和・平成の時代を駆け抜けてきた電話の詳しい資料を展示している施設ですよ。

門司電気通信レトロ館公式サイトはこちら

口コミからの情報です。

☀門司区の和布刈神社からほど近い場所にあります。和布刈神社で初詣を済ませてこちらを見学しました。建物の裏に駐車場がありここから入れる入口もありました。
丁度雨がかなり降っていたので車を降りてすぐに建物の中に入れるのは助かりました。
入場は無料です。昔からの電話機が沢山展示されていました。
私は電話機よりもこちらの建物の方がレトロ感たっぷりで良かったです。

☀現在はNTTの庁舎ですが、レトロな電話ボックス、趣のある建物が歴史を感じさせます。中には入っていませんが入場すると博物館のようなものがあるようです。

☀レトロ地区の端にあるからか見学者は他にいませんでした。日本に電話が誕生してからの歴代の機種、公衆電話が展示してあって、昭和生まれなら一気に懐かしさがよみがえってくること間違いなしです。昔の電話の仕組みが体験できるコーナーでは、スタッフの方が丁寧に説明してくれて体験もできて意外と楽しめました。穴場かもしれません。

☀見る価値のある、歴史的な建築物でした。 近くから見ても、遠くから見ても歴史を感じることができます。 中に入ると、電信電話の歴史を感じることができました!!

門司電気通信レトロ館参考や口コミ参考はこちら

☑門司港美術工芸研究所は、北九州からの芸術家を育成・輩出を目標としている施設です!前身は「門司港アート村」です。

門司港美術工芸研究所公式サイトはこちら

口コミからの情報です。

☀以前門司区庄司町にあった門司港アート村です。先日港ハウスに来店したところ、2Fにアート村(2011年美術工芸研究所に改名)が移転オープンしていました。開所日は2016年7月。新しい住所は、北九州市門司区東港町6-72(☎093-322-1235)  当日は定休日の印象でしたが、不用心にもドア全開&フロア内無人状態。おおらか!
 この研究所はAMC商会や門司港デザインハウスと関係深い、つまり門司港ブランドと関係深い組織です。我が家が知っている門司港ブランドは「アルテジオ」と「門司港さらさ」だけですが、調べれば他にもあると思います。
 デザインハウスは旧大阪商船の1Fにアンテナショップ(当日撮影した店内の写真を投稿しました)を出しています。我が家も当日午後、カフェ「マチエール」でお茶した際に立ち寄りました。女性が感激しそうな品揃えが特徴。門司港さらさは港ハウスでも購入可能。家人も興味津々でしたが、1着1万と聞いてギブアップ(笑)

門司港美術工芸研究所参考や口コミ参考はこちら

☑関門海峡ミュージアムは、関門海峡の時空の旅が満喫できる。
2階から4階にある「海峡こども広場」(有料)は家族連れに人気。海中をイメージしたネット遊具で小さなお子様も満足できる。

関門海峡ミュージアム公式サイトはこちら

口コミからの情報です。

☀一部有料のエリアがあります。最初のアニメーションは子供向けでした。
歴史を学べるフロアと、地理的な内容を学べるフロアに分かれています。
最上階には外に出られる展望スペースとレストランもありました。
隣接する海峡レトロ通りではお土産屋もあります。

☀門司港駅から徒歩5分くらいの場所にあるミュージアムです。入場料が必要となりますが、1階の一部に入場無料のエリアもあります。このエリアは昔の門司港の町並みを再現したエリアでタイムトリップした雰囲気でよかったです。

☀門司港駅からはレトロ展望台とは反対方向に歩いくこと約10分。旧大連航路上屋の斜め向かいにある大きな博物館です。私が訪問した時には丁度中学生位の団体旅行者が見学を終えたところで、タイミング良く入ることが出来ました。中は、レストランやお土産屋さんの他、昔の門司の街を再現したスペースがあって非常に見ごたえがあります。生活のシーンを声や音楽なども含めて再現し、臨場感溢れる展示がされていて楽しめました。

☀もっと早く来て回れば良かったです
展示品は関門の歴史を見て回るのですが資料というより芸術家の作品が並ぶ美術館みたいな感じがしました
そっち系に興味はあまりないですが楽しめました。

上の階は海保のコーナーや海に関する資料室があったり、船のシュミレーターにクイズなど遊べるコーナーがあります

けっこうたのしめたので良かったです?

無料のコーナーもあります?

関門海峡ミュージアム参考や口コミ参考はこちら

今回も、最後までお読み頂き有難うございます。今回は、門司港レトロについて書かせて頂きました。是非レンタカーで行ってみてくださいね。オススメスポットです。次回は、門司港レトロ周辺のお勧めスポットの情報をまとめたいと思います。お楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です